名前に使われる漢字

漢字には霊力が宿るとかなんとか。

書道の先生とかは人の名前の漢字に注意を向けている方も多いように思います。

 

茶名やブログ名、芸名、ペンネームも気をつけよと、とある本に書いてあったが🤭

 

漢字の成り立ちって全然知らないで日々生きてますもんね。

茶名には“扇”という漢字が、ブログには”雪”?

その本には扇も雪も全く説明はなかった。特に注意するべき要素も、目立って良い要素もないらしい。

 

要はその人がいつもなんと呼ばれているか。

 

漢字のほかに響きも重要だと思われますので、姓名判断の画数には囚われないで、その人が特定される時によく使われる漢字や音に一番影響されやすいのでは、と考えてます。

 

何か名前に嫌な漢字があったなら、呼び名やあだ名を本名と全然関係ないものに作り上げれば良い、人にもそっちで呼んでもらうと良いと聞いたことがあります。

 

「金田持子」ってどうでしょう。

「金尾多持」とか。

 

芸能人がよく芸名を変えてますもんね。

 

でも自分の名前が自分でしっくりきて、気に入ってるとか愛せるものならば凶は免れるようです。