古文書を読むための練習アプリが優秀

古文書を読まれる方はどのように勉強されましたでしょうか。大学などの専門機関で習うことが一番早そうですね。でもそんな機会あるわけでもなく。忙しくて独学もきつい。

それでも変体仮名を覚えたり、古文書読解のための簡単なルールを知りたい場合には役立つアプリがあるんです。

 

 

4月4日地元の徴古館で古文書講座は始まりました。今回の講座は変体仮名を平仮名に直すところから始まりました。

初級よりも優しい基礎クラスのはずが、全然わかりませんでした。月1回を6回やって基礎クラスは終わりです。基礎クラスを自分でわかるまで何回も受講される方も多いとか。やっぱ難しいのだなぁ。

f:id:yukinosita-tamasudare:20210404233704j:image

 

こりゃ予習復習は絶対だな。ですが辞書がない。

講師の先生がお勧めされていた辞書は5000円したし。

↓先生のおすすめ辞書

 

 

 

講座は毎月1回しかないので忘れますよ。

次回は法事で行けないし。

 

そういう時はアプリを使ってゲーム感覚で覚えたらいいと受付の方に教えていただきました。

くずし字学習支援アプリ『KuLA』

f:id:yukinosita-tamasudare:20210405083748p:image

f:id:yukinosita-tamasudare:20210405083759p:image

 

 このアプリは大阪大学が中心になって開発されたものらしいです。

とにかく変体仮名を覚えると強い、ということでしたので、超初心者はこちらのアプリをいじくってたら良いとのこと。遊んでいたらだんだんと部首が見えてくるそうです。部首がわかると文字の成り立ちがわかる、わかったら読める、のでしょうね(笑)

 

効果的な勉強法なども習いましたので、次回自分が覚えるためにもブログに書いておこうと思います。