若い人の話を聞いてちょっと蘇る

また春がやってきましたね。いつも当ブログに立ち寄ってくださってありがとうございます。
桜は咲きましたが、まだまだ寒い日も。

勢いで生きていけた20代が終わり、30歳を過ぎると心が空洞になったような、歩きたいのに歩き方を忘れてしまったようなそんな気分に頻繁に襲われます。
春という季節がそうさせているのでしょうか。

何か手を動かしたいと思い、ブログやSNSを読んで刺激をもらい、自分を鼓舞しています。

30代の女の実態

あくまで私の周りにいる同級の女性たちの話です。
職場で知り合った人、高校の同級、地元の友達、みんな私と出会った時期も場所も違います。彼女たちの口癖は「ただ、ただ眠りたい。ひたすら眠りたい。」です。もちろん子育て中の専業主婦、ワーママ、独身と立場も違います。
共通の考えは、〇新しいことをしたくない 〇何もしたくない 〇ただ休みたい のような気がします。

30代女は厄年の連続にもなります。ホルモンバランスやら生活やらが目まぐるしく変わる時期、それでも社会に参画し、問題提議を怠らず、自己実現を目指さなければならない。
30代は疲れています。

f:id:yukinosita-tamasudare:20200825230359j:plain
疲れた~

他人の口癖が思考に入ってくることも

私はどちらかというと、興味がむけばすぐとびつくタイプ。そして学んだり体験したりすることが好きです。実になってませんが。
あんまり友人たちの口癖を頭に入れていると、私は本当に何もしなくなる、動かなくなるのでは、とちょっと恐くなるのですが、同時に救われてもいます。
気持ちはよくわかるから。
あったかくなってきたらやろうと決めていたこと、やらないといけないこと、山積でしたがなんと腰が重いことか。胆力が確実に衰えたなぁと感じます。

負けてられない

気力体力が衰えてくるのを感じながら、もがけない自分をなげきながら、それでも自分には明確に好きなことがあります。ふっと頭に浮かんできて妄想したりわくわくできることが貴重なのだなーと思いました。
それでいいかーと自分を許すことも覚えました。

今日は若い人の「夢」の話を聞いて自然と笑顔になりました。
その人の夢は壮大でした。私が若いころ、あれこれ考えていた夢とは全然スケールが違う。すごいと思いました。

思考は現実化する

私は体験済みです。とくに努力や行動に移さなくても、考えているだけで向こうから機会がやってくることがありませんか。
私はちまちました内容なら多々あります。最近前から妄想してた良い話がオジャンになりましたが(笑)それは今はおあづけだったのか、単純に努力不足。急にやってくるからやっぱりそれなりに根回しと努力をしておかないと実現まではこぎつけないのかな(笑)

とにかく自分が思い描いたことが始まりそうな話は何もしなくてもやってきます、確実に。

きっとその若い人も実現していくんだろうなと思うと、私もひさびさに負けてられないと思いました。
私がやってきたことは、今振り返るとまだまだ小さいんですよねぇ。

私もまだやってないことがあると、若い頃を思い出した様な初心に帰った様な気分になりました。話してるだけでちょっと元気になりましたかね。やっぱり20代前半ってすげー。