介線を利用して透視図を描いてみる

門を描いてみました。

f:id:yukinosita-tamasudare:20210226124009j:image

 

介線方


立方体の高さ方向の面に対して、対角線の消失点を求め、それを作図に利用する方法です。広い作図スペースを必要とするのが難点です。また高さ方向の面を描く技術なため、地面に沿った正方形を描くことには向いていないのだそう。

 

えーーなんかよくわかんない。

コンパス使ったけど合ってたかしら!

 

最近は製図でもなんでも手で描くということはほぼないのだそう。

パース画も伝統芸能になりつつあるのね。

 

パースを手で描けるようになるにはとにかくいろんな建物を描くこと!

デッサンと同じ。描いて描いて。だそうです。