茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

煎茶道時々アロマ 美術や自然のことなど好きなことを綴ります(日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマアドバイザー センセーションカラーセラピスト)

実家の蔵から出てきたご先祖様の遺した煎茶道具

急須

f:id:yukinosita-tamasudare:20200730204512j:image

取っ手が折れていました。

裏っかわに印がないので名もなき陶器なのかと思っていますが。

同じ柄のお茶碗の方には「九谷」という文字が。

f:id:yukinosita-tamasudare:20200730204824j:plain

上からみた

f:id:yukinosita-tamasudare:20200730204830j:plain

後ろからみた


松の葉のように見えますね。

 

私のひいおじいさんが所持していたものなら明治時代か大正初期になりますかね。

中はもう古ぼけて痛みまくっています。お茶の出口のところあたりにはお茶っぱがくっついていました。

8月にお茶屋さんにまた行ってきますので、そこで詳しく聞いてみようと思います。