凍頂烏龍茶と精焙鉄観音

1月8日より緊急事態宣言が出ました。

重症患者数は増えている。

f:id:yukinosita-tamasudare:20210121230630j:image

f:id:yukinosita-tamasudare:20210121230651j:image

f:id:yukinosita-tamasudare:20210121230705j:image

 

中国茶福袋に入ってた精焙鉄観音を飲んでみました。低めの発酵で、火入れも限界ギリギリまで抑えたスッッキリ系のお茶です。しっかりとした味と香りは勿論ですが、癖がなく、後味もサッパリしているのでとても飲みやすいお茶です。

 

 

昨年7月、台湾のお茶凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)を購入。

 

https://seifudo.net/

 

さわやかで飲みやすい。私はにがくて濃いお茶はあんまり好きではないですが、ほのかにフルーティーなので優しいお味。渋い感じはないですね。

色も薄い黄色のような感じで煎茶のようだと思いましたが、味は全然違います。

 

ちなみに鉄観音も烏龍茶です。こっちの方が烏龍茶っぽい。日本のペットボトルの烏龍茶よりも甘みがあって精焙だからか、香ばしい感じでした。

 

 

烏龍茶は半発酵茶。煎茶は不発酵茶。生葉の処理方法が違います。

お茶の葉はつみとった直後から酸化がはじまります。葉っぱをできるだけ早く加熱して酸化酵素の働きを止めると「不発酵茶」となります。

煎茶も抹茶も不発酵茶。酸化しないと苦いのかしら。

烏龍茶と紅茶は酸化酵素を働かせています。紅茶は酸化酵素を最大限に働かせています。

もうひとつ、微生物に発酵を施すという普洱茶(プーアール茶)は発酵茶です。あんまり飲んだことないけど、一度飲んだら忘れられない味。

土のような藁のような古めかしい味です。これを飲んだら一気に体が温まる。私は汗びしゃびしゃになることも。

 

とても美味しい台湾茶。いつか中国や台湾に行ってみたいのですが。

煎茶を習う前は中国茶や台湾茶にも興味を持っていて、教わるところが近くになくて、この際本場台湾に修行に行こうかと思ってました。そしたらコロナウイルスがあっという間に広がり断念しました。

 

友達が1月くらいに台湾に行ったらしいのですが、お茶がとても美味しいと言っていました。いいなー。

そして台湾の方は大抵お茶喫茶に3、4時間居てボーッとしてるんだそうです。友達が1時間半くらいでお店を出ようとしたら店員さんから「もう帰るの?」って日本語で聞かれてびっくりされたらしい。茶藝館やお茶カフェなどは24時間営業だったということです。すごい。

 

しかも台湾には紙パックの鉄観音ミルクティーが販売されているらしい。お茶にミルクを入れるのは外国ではポピュラーみたいですね。今度試してみよう。

 

 

 

7月が懐かしい…。

今は日本の急須で中国茶をいただいている。うふふ。

f:id:yukinosita-tamasudare:20210121231531j:image
f:id:yukinosita-tamasudare:20210121231544j:image

 

 

2年07月24日▷▶︎▷11月16日▷▶︎▷3年01月08日▷▶︎▷01月22日

 

 

謹賀新年 中国茶福袋開けてみました

f:id:yukinosita-tamasudare:20210101112458j:image

あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるでしょうか。

あーーーうちは大掃除に料理にいつも大変です。お煮しめと餅つきとおせちってほんっっっっとに作るの大変ですよね。

 

この記事を読んでくださった方の中にも、激闘の年末年始を今まで培った知恵と勇気で、突然のハプニングにも動じず、外せないミッションも華麗にクリアしながら2、3日ゆっくり座ることもせずにお過ごしの方もいらっしゃるのでしょう。

 

ここらあたりで

まずは一服お茶でも🍵

 

ということで、

 

先月に買っておいた福袋をついに解禁!!

すごい!いっぱいあります。

f:id:yukinosita-tamasudare:20210101124917j:image

「特級四季春」という中国茶を、、、ついに、ついに、

 

ご先祖様の煎茶道具で頂いてみましたーーーー。

f:id:yukinosita-tamasudare:20210101194627j:image

 

おおーーー✨ついにこの時が!!
f:id:yukinosita-tamasudare:20210101194449j:image
f:id:yukinosita-tamasudare:20210101194545j:image

青茶ですので90度くらいの熱いお湯がいいと思うのですが。 

最初は軽やかな甘みがあり上品です。2煎、3煎になると味が薄くなりました。お湯が緩くなったから!?

爽やかな春の風のような、足早に甘みが過ぎていく感じです。初めて飲みました。

 

 

蔵で眠っていた煎茶のお道具で中国茶を入れて、煎茶の先生から頂いた「福豆松露」をお茶請けに、両親と共に味わう幸せよ。

 

 

 

どうか今年も良い年でありますよう。

 

福袋は中国茶専門店で購入したから良質なのでしょう、美味しいです。

 

山口県山口市に来たら寄ってみてね💛

seifudo.net

 

漢方薬膳を習う

心身一如

漢方は『心と体はひとつ』と考える治療法。

これを心身一如と呼んでいます。

 

f:id:yukinosita-tamasudare:20201206172534j:image

心身一如の考え方から男女年齢問わず、「体が元気になれば、心も元気になる。」という点が漢方が注目されている一つの理由でしょう。

f:id:yukinosita-tamasudare:20201206214139j:plain

薬膳八宝茶

 漢方の考え方の基礎、陰陽五行説

陰陽五行説の考え方があります。

昔の人は自然のあらゆるものを、「陰」と「陽」に分ける「陰陽説」と、

自然界の森羅万象 、生活上の経験・観察などのさまざまな変化や関係性を「木」「火」「土」「金」「水」の5つに分類して考える「五行説」の考えを基本としていました。

 

陰と陽は相反する概念として対立する立場にありますが切り離すこともできません。

一方が強まると片方が弱まる。

その繰り返しで絶妙なバランスが止まることなく変化しているのだそうです。

 

実と虚

陰陽の観点から漢方の治療法には「補う方法」と「取り去る方法」の大きく2種類があります。

これを漢方では「補しゃの原理」といいます。

 

元気がない、潤いがない、栄養がない、、、ないないづくしで不足傾向の場合は『虚証』。

水分が滞っている、血が滞っている、ストレスが溜まっている、、、滞って余分なものが溜まっている場合を『実証』といいます。

 

私の身体はまぁまぁバランスよく均衡を保ち、『中庸』という立場になっているそうな。しかし、これはたえず変化していくもの。

不足していったり、有り余ったり、その変化を見極めることが漢方のすごいところ。

そして早めに変化に気づくことです。

f:id:yukinosita-tamasudare:20201206223019j:image

美味しそうですねー。

でも黒砂糖が入っていますから。それにみかんの皮も。

ちょっと胃酸の味がしました(笑)

これをおいしくブレンドするのが漢方茶の醍醐味なんじゃなかろうか。

f:id:yukinosita-tamasudare:20201206223054j:plain

ローズヒップのお茶

右はローズヒップ。おまけでいただきました。真っ赤です。

酸っぱいですね。とにかくバラです。バラの香りが贅沢。

 

 

 

 

漢方薬膳を習う

漢方薬膳(基礎)を学ぶ

 

『漢方』というのは中国の医学と思っていましたが、5,6世紀以降に中国で行われていた伝統医療医術が日本に伝わって、それを下地にして必要な部分をピックアップし、日本で独自に発展してきた医学が『漢方』とよばれるものなのだそうです。

 

11月26日木曜日に漢方薬膳を習ってきました。

f:id:yukinosita-tamasudare:20201201121537j:image

簡単な体質チェックシートに回答していくと、『瘀血』タイプでした。

タイプは6種類にわかれます。 

『瘀血』

血のめぐりが悪くて滞り、体に栄養素が巡らない状態。

巡りが悪いことから、皮膚のトラブルが出現しやすい。

血行が滞った場所が痛むことから、肩こりや関節痛、頭痛などもまねきやすい傾向がある、と。

 

『陰虚』と『血虚』もちょっと✓ついてました。

この結果を踏まえて自分で材料を選んでお茶を作りましたよ( `ー´)ノ

f:id:yukinosita-tamasudare:20201206125113j:plain

私の体質や好みに合わせた特性薬膳茶

選んだのは、

クコの実 白きくらげ バラのつぼみ

ベースになるお茶はプーアール茶とほうじ茶にしました。

f:id:yukinosita-tamasudare:20201201122205j:image

 バラの香りが強い。とてもゴージャスな気分になります。

そしてプーアール茶の効果なのか体が熱くなりました。

 クコの実というのは万能の木の実らしく、6種類の体質のなかで『水滞』以外、どの体質にもよい効果が期待されるとか。

クコの実はスーパーでもよく見るし、そのまま食べてもおいしいですよね。

 薬膳とは

漢方の考えを基に、中医学理論に基づいて作られた食事で、病気の予防、回復を助け、健康を維持するための美味しい料理のことです。

薬膳のキーワードは医食同源(薬食同源)、食養生!(^^)!

食材の効能を把握し、季節体質に合わせて食材を選び、目的に合わせて組み合わせた調理法を設計し、必要な部分には生薬を加えて作ります。

 

『体の声を聞くこと』が基本です。

・最近疲れてないか。

・寝不足ではないか。

・そういえばあごのニキビ、もうずっと治ってない。

・肩こりないか。

・最近胃もたれしてないか。

 

 

 

このへんはアロマテラピーの考えにも近いと思います。

病気に対して処置するというよりも、自分の体をみる、自分の身体が欲していることを理解し、労わってやる。

なかなかできませんけどね( ;∀;)

 

中国茶と薬膳茶おいしいですよ!

 

www.yukinosita.info

 

 

www.yukinosita.info

 

中国茶エバンジェリストになりました

煎茶のルーツ中国茶!!

とても美味しいですよ!

 

f:id:yukinosita-tamasudare:20201009222135j:image

 

あ〜私はいろいろなことに興味を持ってしまいます。

バーベキュー検定も取ろうとしてた(笑)結局仕事の都合で認定セミナーに行けなくて断念。

 

中国茶を勉強していると薬膳に興味を持ってきました。

アロマが好きなんですが、茶道をやっていると香道というものにも触れます。

するとむくむくとお香にも興味が…。

 

そしてお茶とは切っても切れない、それは和菓子

 

煎茶道でのお菓子は干菓子が主かな。

いろいろな和菓子を食べて、やってみたくなったのは練り切りアート

 

ふう~お金を稼がなくては( ;∀;)

 

 

 

 

中国茶🍵勝手に美味しかったランキング

中国六大茶の中で一番美味しいとおもったお茶は

 

雪ノ下たますだれが自分が飲んだ中国茶の中で、勝手においしかったと思うお茶を発表します。

 

この3ヶ月、様々な極上の中国茶を味わってまいりました。

 

f:id:yukinosita-tamasudare:20201001185952j:plain

私の独断と偏見で美味しかった順に列挙していこうと思います。

 

飲んできた中国茶の感想はこちら↓↓↓

恐るべし中国茶〜花咲け七仙女、金元宝〜 - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

恐るべし中国茶〜大陸青茶と台湾茶を飲み比べ〜 - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

 

ジャスミン茶が恋しい - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

 

中国茶飲み比べ①八宝茶 - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

中国茶飲み比べ②青茶 - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

中国茶飲み比べ③白茶 - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

中国茶飲み比べ④黒茶 - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

中国茶飲み比べ⑤熟茶 - 茶道にアートに〜雪ノ下たますだれ〜

 

緑茶と黄茶と紅茶がなかった(汗)

緑茶は西湖龍井茶を飲みました。

黄茶は飲んだのか飲んでないのか忘れてしまった"(-""-)"

紅茶は飲んでない。紅茶と黄茶は今回ははずそう。お休みです。

 

上記の記事の中で、ほんとにほんとに味がおいし~~~って思ったのはずばり!!

 

白茶

「白豪銀針」がおいしかったですーーーー。フルーツっぽいんですよね。

でも中国茶って白茶に限らず、味が頭の中で目まぐるしく変わっていきます。

ジャスミン茶なんか、もっとジャスミンの香りを口の中でゴロゴロしたいのに、すぐに引いていく。でも残り香はものすごく、体から、口の中からジャスミンが花開きそうです。自分がジャスミンの妖精になったかのよう。

 

白茶の勉強してた時、ちらっとだけ「白牡丹」も飲ませてもらいました。

そのときも、もう日本の何にも該当しない味というか、お茶ではないなと思ったのを覚えています。

 

 

2番目に美味しかったのはーーーーーーーー(笑)

緑茶

飲みやすいと思いました。

すっきりです。日本人になじみやすいのか。夏とかにいいかも。

ちょっと冷まして常温でいただいたほうがおいしいのではないかなー。

でも中国ではお茶は熱いのがいいみたい。

 

 

体にいいな!と思った第一位は。

黒茶の熟茶

とにかく飲んですぐ体が熱くなった。あせびっしょり。

毎日の不正出血に翻弄していますが、今までは煎茶でもなんでもお茶をたくさん飲んだ日に出血が目立ったんですよね。しかし熟茶を飲んだ日は止まりましたよ。午前中はひどく出血してたのに・・・。こわ!

www.yukinosita.info

これはたまたまなのかしら(笑)

 

あと、熟茶のせいかはわかりませんが、とにかく中国茶をたくさん飲んだ日の翌日、朝起きた時、お口の中が清潔に感じました。

べとつかない、口臭ない、乾いてもない。

 

さすが4000年の歴史。飲めば何か体に変化はあると思います・・・。

 

中国茶や日本の煎茶もピンキリみたいですからやはり専門店で購入した方が良いでしょう。

 

最後までお付き合いくださりありがとうございます😊

 

中国茶飲み比べ⑤熟茶

熟茶をいただく

プーアール茶の磚茶(1996年もの)を蓋碗で飲みました。

f:id:yukinosita-tamasudare:20201130193411j:image

袋から取り出すとこんな感じ。

 

◾️熟茶とは

茶葉を積み上げて高温多湿状態で保存することで、空気中にいる麹菌などを茶葉に棲みつかせ、発酵を促し熟成させます。

完成する茶葉の品質はほぼ一定。

味わいや価格が比較的安定しているそうです。

 

日本では茶葉の状態で(散茶)、あるいはtea bagで販売されているものが多いとか。

 

◾️熟餅(じゅくびん)

円盤状の熟成期間の短い生茶を青餅(せいびん)というのに対し、熟茶の円盤状のものは熟餅です。

 

◾️蓋碗(がいわん)

蓋碗を使って飲んでみました。

 

最初に蓋碗に沸騰したお湯を入れ、蓋碗を温めてからそのお湯を今度は茶海へ。

茶海のお湯を茶杯へ入れて茶器を温めておくと良いそうです。

 

蓋碗に茶葉を入れます。

f:id:yukinosita-tamasudare:20201006170555j:image

お湯を注いで…。

10秒くらいで茶海に移したような。

この時の蓋碗の扱い方がムズい!

 

 Amazon↑↑

 

蓋碗は基本、お碗の方が円形で蓋は楕円形の形になっており、蓋がしっかり閉まりません。

蓋をお碗の上で円を書くように廻していくとピタッっと止まるところがあり安定します。

この時、蓋は水平になっていません。でもこれが蓋碗の安定した姿。

この状態でお茶を飲んだり、お茶を注いだりします。

 

茶海にお茶を注ごうと思っても熱い!

 

これはもう慣れなんですって。今回は黒茶でしたので熱湯を使いましたが、緑茶なら75度くらいでいいので持ちやすいでしょう。

 

茶海に入れたお茶は茶杯に注ぎます。

最初の1回目は捨てます。

プーアール茶は基本最初の1回目は捨てます。

 

茶葉についた埃やカビくささを落とすためです。

 

だって、麹菌を加えて人工的に短時間で発酵させ仕上げたお茶です。この製茶方法は「渥堆」といいます。製茶仕立て頃の熟茶はこの「渥堆味」と言われ匂いが少々残るので、どくとくの「クセ」を感じるかもしれません。

 

 

■塾茶の味は

不思議なことがおこりました。

塾茶を飲んだとたん、胃に入った感覚を感じてすぐ5分と経たないうちに体が熱くなりました。

生茶に比べてやはり『土』。

日本の古い家屋の藁が混じったような土壁の壁を、お湯に煎じたような味です。

 

ですが、高価なお茶出し、5,6回と色が出なくなるまでお茶を出すことができるので、おかわりして飲んでいると、、、汗が出てきました。

しかもびっしょりです。

(あとでトイレにいったのですが、下着がびっしょりでした。)

飲むのをやめると体温が下がるのか、あと汗かいているせいか寒くなりました。

 

これは不思議な体験。ハーブティーでも日本の煎茶でもこんなことはなかったのに。

これはもう黒茶の魅力にとりつかれましたね。

 

「代謝がよくなります。」と習ったのですが、

こんなすぐに代謝が良くなるのか( ゚Д゚)

 

My蓋碗とMy茶壺を早く持って、まずは家族に試し飲みさせたい(笑)